浅川自転車道をサイクリング

トップ > 記録 > 2005年 >
2005.10.02 浅川 (筆者も走りたかった浅川)

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 
 

浅川へ

今日は浅川自転車道を走ってみようと思う。 つい先日、自転車で一緒に走っている永山がこの浅川自転車道を経由して津久井湖まで行ってきたのである。 浅川は多摩川の支流で、自転車道は高尾駅のすぐそばまで続いているとのこと。 その話を聞いて試してみたくなったのだ。

いつものように武蔵野大学前のセブンイレブンで永山と合流し、武蔵境通りと鶴川街道で多摩川へ。 左岸を上って府中の関戸橋の脇にあるY'S BIKE PARKを目指す。



しかし、Y'S BIKE PARKは無くなっている....というかビルのテナントが全て居なくなっている....ビルの改装でもするのか。 店舗入り口に貼り紙があり、Y'S BIKE PARKはここから1.5kmほど上流に移転したとのことだ。

上流へ向けて1.5kmほど走ってY'S BIKE PARKの新店舗に到着した。 新店舗は、時々立ち寄るセブンイレブンのすぐ脇にあり、内部は2フロアとなっていて、1Fがパーツと試乗車、2Fが車体とフレームである。 1Fには駐輪スペースが設けられているので盗難の心配をしなくて済む。

Y'S BIKE PARKを後にして1.5kmほど下流に戻り、関戸橋を渡って右岸を上ると浅川自転車道の入り口がある。

ページの先頭へ
 
 
 

浅川へ

浅川自転車道の入り口は少し解りにくい。 関戸橋で多摩川の右岸に渡り川沿いを上ると、浅川の手前に別の川である『程久保川』があるためだ。 そのため、まずは程久保川を迂回しなくてはならない。 ただし、多摩川と程久保川へぶつかる場所には橋がない。 よって、多摩川をそれて程久保川の右岸を登ることになる。 そして最初の橋で程久保川の左岸へと渡り下流へ向かう。 すると多摩川の右岸にぶつかるので、右岸を上ると浅川に入ることができる。



浅川自転車道は路面が左右で色分けされており自転車と歩行者用のレーンに分かれている。 道幅はとても狭く、ロードバイクのトレーニングには向いていないが、筆者は練習不足であるため、まあ快適である。 多摩湖を楽しく走れる人ならば浅川も楽しいであろう。



一番橋で左岸へ渡って上流へ向かうと、平山橋の先から自転車道が無くなる。 右岸へ渡るべきか迷ったが、そのまま進んで住宅地を抜けてみる。

団地の中などをしばらく走って滝合橋へ出ると、そこから左岸の自転車道が復活している。



長沼橋で右岸へ戻り上流を目指していると目の前に線路が現れる、八高線だ。 八高線の踏み切りの周辺に大勢の人が集まり線路にカメラを向けている。 新車両のデビュー?それとも引退だろうか?

八高線に人が集まっている理由は良くわからなかったが、そのまま上流に向けて走り続ける。

ページの先頭へ
 
 
 

南浅川を超えて高尾へ

いつの間にか南浅川に入っている。 途中公園で一服し、再び走り出す。

突然路面が悪くなりダートに....というかここは私有地? 自転車道か私有地なのかわからないダートを超えると目の前にフェンスが出現....永山の話ではここが終点らしい。

ページの先頭へ
 
 
 

武蔵野市へ

ここには何も無い....本当に何もないので、武蔵野市を目指して川を下ることにする。 ここまでは練習不足で楽しく走れなかった。 しかし、徐々に気分良く走れるようになってくる。 シーズン初めなど、数ヶ月トレーニングしていなかった後の走り始めはいつも悲惨なのだが、40km程度を走れば体が慣れてきて走りも向上する。 本日の現時点での走行距離も約40kmである....体が慣れてきたようだ。

ページの先頭へ
 
Google+ Road Racer Community
 
 
-
-
-
-