ノーブレーキピストバイクで公道を走るのは自殺行為

トップ > 基礎知識 >
ノーブレーキピストで公道はダメ

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

ノーブレーキピストバイクで公道を走らないように

トラックレーサ
トラックレーサ


シングルスピードバイク
シングルスピードバイク

近年、公道を走るノーブレーキピストバイクが問題になっています。 ノーブレーキピストバイクとは、ブレーキが付いておらず、かつ、ペダルが空転しない車体のことです。

つまり、トラックレーサのことです。 また、ペダルが空転しないシングルスピードバイクからブレーキを取り外した車体も当てはまります。

ノーブレーキピストバイクでは、自分の脚力で減速・停止しなければなりません。 そのため、緊急時に短距離で停止することができません。

  
こんな危険な乗り物はありません。 絶対に、ブレーキの付いていない自転車で公道を走らないでください
 

実は以前からトラックレーサを見かけていた

以前から、トラックレーサで公道を走っている人を見かけることはありました。 特にわかりやすいのが、急勾配の坂を、なぜかゆっくり下ってくる場合です。 ブレーキがないためペダルに逆方向の力を加えながら下るしかないのです。

歩くような速度で急勾配の坂を下ってくるロードバイクを見かけたら、きっとそれはノーブレーキピストバイクです。

 

ピストバイクの発売でますます増えた

完成車のシングルスピードバイク(ペダルが空転しないもの)が発売されたこともあり、ノーブレーキピストバイクを見かける機会はさらに増えてきているように思えます。

当然、メーカはブレーキを付けた状態で販売しているのですが、これを取り外して公道を走っている人間がいるのです

ページの先頭へ
 
 

ノーブレーキピストバイクはチェーンが切れたらお手上げです

ノーブレーキピストバイクでは、自分の脚力でペダルに逆方向の力を加えることで減速・停止します。

もし、減速しようとしてチェーンが切れてしまったら、自然に停止するのを待つしかありません。 平地ならまだいいですが、下り坂だと、対処のしようがありません。 下り坂でチェーンが切れてしまうなんて想像しただけで恐ろしいです。

ページの先頭へ
 
Google+ Road Racer Community
 
 
-
-
-
-