シングルスピードバイク(ピストバイク)の特徴

トップ > 基礎知識 > ロードバイクの種類と特徴 >
シングルスピードバイク

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

シングルスピードバイク(ピストバイク)の特徴

シングルスピードバイク
シングルスピードバイク

『ピストバイク』とも呼ばれますが、近年問題となっている『ノーブレーキピストバイク』とは異なります。

 

シングルギア

変速機構のないロードバイクのことで、ペダルが空転するものと空転しないものがあります。

本来、ピストバイクとは、変速機構がなく、ペダルが空転せず、ブレーキのない競輪用自転車のような車体のことをいいます。 しかし、近年では変速機構がないロードバイクであれば『ピストバイク』と呼ぶようになりました。

そのため、ブレーキの付いているピストバイクを『シングルスピードバイク』と呼んで区別しています。 当然ですが、ブレーキが付いているため、シングルスピードバイクは公道を走ることができます。

変速機がないため非常に軽量です。 さらに、変速機がないということは故障が少ないということでもあります。 また、価格が非常に安く、同じ重量のロードバイクの3分の1程度で買える車体もあります。

ページの先頭へ
 
 

こんな人に向いています

街乗りでカッコよく決めたいという人におすすめです。 ツーリングでアップダウンのある道も走りたいという人にはおすすめできません。 変速機がないため登坂では地獄を味わいます。

ページの先頭へ
 
Google+ Road Racer Community
 
 
-
-
-
-