トップ > 記録 > 2003年 >
2003.10.26 名栗湖 (ぬるい坂こそ車で登れよ)

 
 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 

山岳も走っとかなきゃ

荒川や多摩川は素晴らしいし、奥多摩湖も最高だ。 しかし、たまには激坂も登らなくては。 というわけで、永山は初となる名栗湖(有間ダム)へ行く事にする。 青梅市方面に向かうときは青梅街道か五日市街道を使うことが多いのだが、同じコースばかりでは飽きてしまう。 そこで今回は旧青梅街道を走ってみる。

西東京市から旧青梅街道に入る。 自転車で走るのは初めてなのでとても新鮮である。 道幅はそれほど広くないし、信号も多いのだが、五日市街道と同じでとても走りやすい。 武蔵野市から15km地点で多摩湖への案内板を発見、旧青梅街道は多摩湖へ行くのにも便利かもしれない。

ページの先頭へ
 

小沢峠

武蔵野市から28km地点で青梅街道に合流し、さらに数km走り、踏み切り前を右折して成木街道へ入る。 成木街道を進み、吹上トンネルを越え吹上峠の途中まで登る。 吹上峠の途中を右折し、成木街道へ再び合流する。

成木街道をしばらく走ると小沢峠が見えてくる。 小沢トンネル前の激坂を目の当たりにし、『やっぱやめときゃよかった』という思いがこみ上げてくる。 しかし、ここまで来てやめるわけにはいかないので、泣きそうになりながら激坂を登る。 なんとか登り終え、今度は名栗村への下りである。

ページの先頭へ
 

ほのぼの名栗村

無事に下り終えると、ここから名栗湖の直前まではのんびりコースになる。 低強度でのんびり走っているにも関わらず、右ヒラメ筋が痙攣しそうになる。 登坂は大腿筋に負担がかかるはずなのに? しかも、今は平地を流しているのに?

のんびりと名栗村を走り名栗湖直前の交差点に到着した。 ここからは激坂である。 名栗湖に向け登坂開始....30秒ほどで泣きが入るが、登るしかないのでジリジリ登る。 ギアは当然39 x 25Tだ。 勾配計に目をやると....11%を越えている。



なんとか登り終え名栗湖へ到着した。



名栗湖で喫茶および喫煙する。

ページの先頭へ
 

帰路

脚には疲労がたまっているが、小沢峠を避けるわけにはいかないので再び小沢峠を登る。 1.5km苦しんでようやく峠を越えると青梅市まで一気に下る。 青梅市から羽村市へ入り取水口から多摩川自転車道に入る。 多摩川自転車道を下り、関戸橋付近のY'S BIKE PARKに寄る。

東八道路と人見街道と武蔵境通りを通って帰ることにする。 東八道路ではなぜか高強度トレーニングになり、ATを越える運動強度でひたすら走る。

ページの先頭へ
 
Google+ Road Racer Community
 
 
 
-
-
-
-