ロードバイクを自分の身体に合わせてフィッティング

トップ > 走り出す前に >
身体に合わせて車体を調整

 
 

フィッティング

前の記事へ 次の記事へ

ロードバイクで走り出す前にやらなければならないのが、車体の各部を調整し、身体にフィットさせることです。

なお、フィッティングの前提として、ペダルを踏む足の位置が正しいことが必要となります。 自転車のペダルは土踏まずで踏むのではなく、母子球の位置(足で最も幅が広いところ)がペダルの軸の真上に来るように踏むのが基本です。

 

サドル

まずは最も大切なサドルの調整です。 なお、ここに記載している調整方法はある程度走り込んでしっくりくるセッティングです。 最初はこのポジションではツラいと思いますので、これよりも楽なポジションになるセッティングで構いません。

サドルの角度
サドルの角度

サドルは上部が地面と水平になるようにします。 前上がりや前下がりにならないようにしましょう。

サドルの高さ
サドルの高さ

サドルの高さはクランク中心からサドル上部中心までが股下 x 0.87というのが最近の主流です。 サドル中心がどこなのかは製品によって異なるため一概には言えませんが、一般的にサドルの先端から14.5cmの位置がサドル中心とされています。

股下は、素足で足を平行に15cmほど開いた状態で厚さ5cmの本などを股に押しつけ、地面から本上部までの距離となります。

最初から無理をして股下 x 0.87にこだわる必要はなく、計算値より5cmほど低くしておき、体が要求してきたらその要求に合わせて少しずつ調整しましょう。

サドルの前後位置
サドルの前後位置

サドルの前後位置はペダルを一番前に出した状態(クランクが地面と水平)でヒザの皿の裏側から下ろした線がペダルシャフトを通る位置が標準です。 標準より前にあるのが前乗り、逆に後ろにあるのが後ろ乗りと呼ばれます。 最近は標準より1cmほど後ろにするのが主流となっています。

 

ハンドルとレバー

レバーの角度
レバーの角度

ハンドル幅は肩幅と同じであることが理想です。 肩幅とは上腕骨の付け根の間の距離になります。

ハンドルの高さと距離は、最初は高く近くで構いません。 慣れてくれば徐々に適切な位置に変化していくものです。

ハンドルの高さはアヘッドのスペーサーの入れ替えで、距離はステムの交換で調整します。 ハンドルによってレバーの取り付け位置が変わってくるため、ハンドルを交換する時に、距離を同じにするためにはステムの長さを変えなくてはならない場合もあります。 慣れてくれば、ハンドルを購入する際に自分の所有しているステムの長さに合う形状のものを選択できるようになってきますが、慣れないうちは、色々な長さのステムを用意しておくと良いでしょう。

なお、ステムの固定には注意しなければならない部分があります。 ステムの固定方法がわからないうちは絶対に取り外さないでください。

最初はショップで取り付けてもらい、固定方法を教えてもらうのが良いでしょう。 具体的には、フォークをフレームに寄せるためのネジがあり、そのネジを強く閉めるとフォーク内のネジ受けが破損してしまう可能性があります

レバーは地面と垂直かやや上向きにします。 ブレーキの引きしろは、目一杯握った時にハンドルと1cmほど距離が空くのが適切です。

前の記事へ 次の記事へ
↑ページに先頭へ戻る
 
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!