トップ > 基礎知識 > 各部の名称と役割 >
フレームとフォーク

 
 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 

乗り味を決めるフレーム

ロードバイクの骨組みであるフレームについて詳しく見てみましょう。

フレームはトップチューブ、ダウンチューブ、シートチューブ、ヘッドチューブ、シートステー、チェーンステーから構成されます。

フレームの素材にはアルミ、カーボン、クロモリ、チタン、スカンジウム、マグネシウムなどがあります。 フレームについては後ほど詳しく説明します。

ページの先頭へ
 

同じく乗り味を決めるフォーク

続いてフォークについて解説します。

2つに分かれている部分を『ブレード』、フレームのヘッドチューブを通る軸の部分を『ステアリングチューブ』(または『ステアリングコラム』)、股の部分を『クラウン』といいます。 ホイールの軸受の部分は『エンド』といいます。

素材はカーボンが主流ですが、入門車ではステアリングチューブがアルミだったりします。 全てがカーボンのフォークはフルカーボン・フォークと呼ばれます。

ページの先頭へ
 
Google+ Road Racer Community
 
 
 
-
-
-
-