タイムトライアルバイク(トライアスロンバイク)の特徴

トップ > 基礎知識 > ロードバイクの種類と特徴 >
タイムトライアルバイク

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

タイムトライアルバイク(トライアスロンバイク)の特徴

タイムトライアルバイク(ブルホーンハンドル)
タイムトライアルバイク(ブルホーンハンドル)

『タイムトライアルバイク』は、名前からわかる通り『タイムトライアル』と呼ばれる種目向けの車体です。 なお、『トライアスロン』のバイクパートで使用されることもあります。

 

タイムトライアルとは

タイムトライアルは、数kmから数10kmを個人(またはチーム)で走り、ゴールまでの時間を競う種目です。 タイムトライアルのコースの多くは平地となっています。

 

空気抵抗が重要

単独走行または同じチームの選手だけでの走行であるため、ゴール前の駆け引きなどがありません。 加えて、コースの多くが平地であるため、操舵性能や登坂性能よりも空気抵抗を少なくすることが重要になります。

結果、扁平なフレームとブルホーンハンドル + DHバーを装備した車体が主流となっています。

 

ブルホーンハンドルとDHバー

ブルホーンハンドルは、牛のツノのように両端が前に出ている形状のハンドルで、スタンディング(立ち漕ぎ)やコーナリングに使用します。

DHバーは前方に伸びる2本のバーで、体が強い前傾姿勢となり空気抵抗が少なくなるため、高速巡航する場合に使用します。

 

トライアスロンでも使われる

なお、トライアスロンでタイムトライアルバイクが使用されるのは、トライアスロンでは空気抵抗を少なくすることが重要なためです。

トライアスロンでは、他の選手のすぐ後ろを走る『ドラフティング』が基本的に認められていません。 そのため、単独走行でも空気抵抗を少なくできるようタイムトライアルバイクが使用されます。

  
トライアスロンの大会によってはドラフティングが認められています。
 

ドロップハンドルとDHバーの組み合わせもある

タイムトライアルバイク(ドロップハンドル)
タイムトライアルバイク(ドロップハンドル)

ブルホーンハンドルは登坂には向いていません。 そのため、山岳タイムトライアルでは、ドロップハンドルのロードレーサにDHバーを取り付けた車体が使われることも珍しくありません。

また、トライアスロンの大会でも、ブルホーンハンドルの装備が認められていない大会では、ドロップハンドル + DHバーの車体で出場しなくてはなりません。

  
ドラフティングが禁止されている大会ではブルホーンハンドルが認められていることが多いです。
ページの先頭へ
 
 

こんな人に向いています

ブルホーンハンドルのモデルは、これからロードバイクを始めようという人には無縁です。 タイムトライアル競技には参加しないでしょうし、トライアスロンの大会ではブルホーンハンドルの装備が認められていない大会が多いためです。

なお、ドロップハンドルのモデルは、トライアスロン競技への参加を考えている人には検討の価値があるでしょう

ページの先頭へ
 
Google+ Road Racer Community
 
 
-
-
-
-