フレーム素材の種類とそれぞれの特徴

トップ > 基礎知識 >
フレーム

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

フレーム材質

入門車 〜 中級車のロードバイクのフレームは、クロモリ、アルミ、カーボンのいずれかが採用されていることがほとんどです。

クロモリフレーム

クロモリフレーム
クロモリフレーム

クロモリ(クロームモリブデンというスチールの合金)は古くからある、しなやかで振動吸収性に優れた素材です。

細身のフレームの美しい姿には根強いファンが多くいるといわれています。 ただ、最近ではあまり見かけることはありません。

近年、軽量なクロモリが開発されたこともあり再び注目を浴びています。 しかしながら、主役に返り咲くことはなさそうです。

アルミフレーム

アルミフレーム
アルミフレーム

アルミ(アルミニウム合金(つまりジュラルミン))は腐食に強く、軽量で、コストがかからない点が売りです。

登場したばかりのアルミは軟らかいといわれていました。 しかし、技術の進歩により、最近のアルミは剛性が高すぎるほどになっています。

アルミの欠点は、振動吸収性が悪く長距離を走ると体に疲労が溜ることです。 また、金属疲労に弱く、プロのレーサが使用した場合は金属疲労でフレームが破損することもあるそうです。 当然ですが、趣味のレベルでは金属疲労による破損の心配はいりません。

アルミは、90年代にクロモリからフレーム素材の主役の座を奪い、最近までその座を守ってきました。

しかし、今や時代はカーボンです。 コストの面でカーボンよりも有利なため入門車には採用されていることも多い素材ですが、カーボンの製造コストが下がれば見かける機会も少なくなるでしょう。

カーボンフレーム

カーボンモノコックフレーム
カーボンモノコックフレーム


ラグドカーボンフレーム
ラグドカーボンフレーム

カーボン(カーボンファイバー)は炭素繊維を樹脂で固めた素材です。

非金属であるため腐食することがなく、素材自体に振動吸収性があるため、長距離でも疲労を低く押えることができます。 また、重量はアルミフレームよりも軽量です。

一体成型されたものを『カーボンモノコック』、ラグ(継ぎ手)によって接着されたものを『ラグドカーボン』と呼びます。

軽くて振動吸収性が高いため、フレームの素材としては最も理想的であると言われています。 あえて欠点を挙げれば、破損した際に修理が難しいという点とコストがかかるという点でしょうか。

ただ、最近では価格も手頃になり、アルミに代わってフレーム素材としての主役の地位を手に入れつつあります。 上級車や中級車では今やカーボンフレームが当たり前で、入門車でもカーボンフレームの車体が増えています。

その他の素材

その他の素材としては、チタン(チタニウム)、スカンジウム(スカンジウム添加アルミニウム合金)、マグネシウム(マグネシウム合金)などがあります。

ページの先頭へ
 
 

ハイブリッドフレームとは

ハイブリッドフレームとは、異なる材質のパイプを組み合わせたフレームのことです。 アルミ + カーボン、クロモリ + カーボンなどがあります。

現時点で入門車の主流であるアルミフレームも、アルミのみのフレームはほとんどありません。 入門車でさえも、フォークとシートステーやチェーンステーにカーボンを採用したモデルがほとんどです。

ページの先頭へ
 
 

理想のフレーム

理想のフレームは、軽量で、かつペダリングの力を失わない剛性と反発力を持っていながら、路面からの振動を吸収してくれる性能を持つものです。

ペダリング時には、フレームに大きな力が加わりますが、フレームがたわんでしまうと力が逃げてしまい推進力に結びつきません。 しかし、かといって硬いフレームが良いわけではなく、適度にしなって反発力を生み出さなくてはなりません。 反発力を上手く使うことで、登坂などの場面で、リズミカルに走ることができるのです。

路面からの振動は、ライダの疲労に大きく関係します。 振動がサドルやハンドルを通してライダに伝わってしまうと、それは疲労として蓄積され、距離が長くなればなるほどライダへの負担が大きくなります。 路面からの振動を吸収し、ライダの疲労を抑えることは、ロードバイクのフレームに求められる重要な要素です。

路面からの振動は吸収し、ペダリングで発生する力は逃がさずに推進力に変え、さらに適度にしなって反発力を生み出し、何よりも軽くなくてはならない。 ロードバイクのフレームは、そのような高度な要求を満たすため進化し続けています。

ページの先頭へ
 
Google+ Road Racer Community
 
 
-
-
-
-