トップ > 記録 > 2005年 >
2005.06.04 第11回 霞ヶ浦一周サイクリング大会 前日 (降水確率70%だ)

土浦市へ

明日は霞ヶ浦一周サイクリング大会に出場する。 今日は土浦市への移動日であり、大久保は車(SKYLINE)で永山と筆者は電車で輪行して土浦市へ向かう。

大久保のSKYLINEの駐車場に集合し、大久保の車体を輪行袋に入れて車に乗せる。 永山と筆者の手荷物も車に積んでもらい、大久保と別れて永山と筆者は三鷹駅に向かう。



三鷹駅の脇にある公園で車体を輪行袋に収納し、総武線に乗り込む。 秋葉原で山手線に、上野駅で常磐線へ乗り換えて土浦駅へと向かう。 常磐線は混んでもなく、空いてもなくといった感じである。 車両の端の3人掛けの座席を永山と筆者で占領し、座席の前に輪行袋を置く。 常磐線は混んでいないため他の乗客に迷惑をかけることはない。

土浦駅まではわずか1時間10分の旅であるが、昼食とおやつをたっぷりと買い込んでいるので、ほとんど遠足気分である。 約1時間の鉄道の旅を満喫したところで土浦駅に到着した。 駅前で車体を輪行袋から出して組み立て、ホテルへと向かう。

ページの先頭へ
 

ホテル若藤そしてコース下見

本日の宿『ホテル若藤』へ到着した。 毎年そうなのだが、ライバル達が同じホテルに宿泊していることは珍しくない。 ホテル前で他のローディーから話しかけられたので、少し会話をした後、チェックインする。

大久保の愛車(SKYLINE)でコースの下見に出かける。 約90kmのコースなので車でもそれなりに時間がかかる。 うーん、昨年はよく3時間を切れたものだ。

実は今年の霞ヶ浦はタイム更新は狙っていない。 なぜなら、ここ10ヶ月ほどほとんどトレーニングしておらず、先週のトレーニングでも全盛時からはほど遠い走りしかできなかったからだ。 タイム更新の望みが無いのに全力で走るよりは、低強度トレーニングのつもりでのんびり霞ヶ浦を楽しんだ方が良いという判断からだ。

ページの先頭へ
 
Google+ Road Racer Community
 
 
-
-
-
-