走行時に守るべきマナー

トップ > 走り出す前に >
走行マナー

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

マナーを守って立場向上

ここ最近、自転車歩行者専用道路での自転車の立場が悪くなってきています。 理由は歩行者とのトラブルや事故が多くなっているためです。 自転車歩行者専用道路での自転車の走行を快く思っていない人々からは、自転車を締め出そうという声も上がっているようです。

また、一般道路での自転車のマナーが問題になることも多くなってきています。 信号無視や無灯火、内側の車線の走行などが原因です。

自転車は自動車や歩行者に比べると地位が低いです。 一般道路では自動車に遠慮しながら走るしかなく、歩道や自転車歩行者専用道路は歩行者が優先されています。 これ以上自転車の立場が悪くならないようマナーを守っての走行を心がけましょう。

ページの先頭へ
 
 

例えば荒川自転車道では

ここでいう荒川自転車道とは下流側の災害時緊急道路も含みます。 荒川では上江橋より上流は自転車道路なのですが、それより下流側は災害時緊急道路です。 しかし、走っている人のほとんどは自転車道だと思っていますので、ここでは下流の災害時緊急道路も含めて扱っています。

2010年の4月に荒川河川敷運用ルールが定められました。 そのルールのうち自転車に関連する項目は以下です。

  1. 自転車はいつでも止まれるスピードで走行すること(目安として時速20km以下)

しかし、2014年の3月にはこのルールは改正されました。 改正後の新たなルールでは自転車に関連する項目は以下のように定められています。

  1. 自転車は徐行し、歩行者を優先しましょう
  2. 河川敷道路に自転車や荷物などを置かないようにしましょう

ロードバイクで快適に走れる場所がなくなるのは困ります。 上記ルールを守って走りましょう。

ページの先頭へ
 
 

多摩川自転車道では

多摩川自転車道とは通称『多摩サイ』、つまり多摩川サイクリングロードのことです。 多摩川自転車道を取り巻く状況は荒川自転車道よりも悪いように感じます。

多摩川自転車道についてネットで調べていてよく見かけるのが、『そもそも多摩川自転車道という道路はない』とか『自転車歩行者専用道路は道路交通法でいう歩道である』という主張です。 つまり多摩川の河川敷の道路は歩道であり、自転車乗りが勝手に多摩川サイクリングロードと呼んでいるという意見です。 それらの意見は正しいように思えます。 しかし昔の記憶をたどってみると、それらの主張は間違っていることに気がつきました。

横断歩道があった

筆者がスポーツとして自転車を始めるよりもずっと前のことです。 当時、単車で多摩川まで走ったことが何度かありました。 単車は土手には入れないのでコンビニかどこかに車体を止めて歩いて土手を上り多摩川を眺めた記憶があります。 その時、土手に整備された道路を見て『へえー自転車道があるのか』と思ったのです。

なぜ自転車道だと思ったのかといえば、横断歩道があったからです。 歩道上に横断歩道が設けられるわけはありません。 当初は自転車の走行が主なものとして設計されていたからこそ横断歩道があるのではないでしょうか。

なお、多摩川自転車道の横断歩道はその後どんどん消えていきました。 多摩川自転車道を整備している各自治体が、道路を歩行者が利用することを前提とするようになったためです。

多摩川自転車道の歩道が写真に残っていないか調べたところ以下が見つかりました。 ただし、どれもあまり古くない最近の写真です。

上の写真は2005年4月に撮影したものです。



上の2枚の写真は2006年5月に撮影したものです。

案内板や地図にも多摩川サイクリングロードと書かれていた

昔は『多摩川サイクリングロード』と書かれた案内板や標識もありました。 また、地図にもそう表記されたものを目にしたことがあります。

近所の方から聞いた話

多摩川の土手で休憩していた時に、近所に住んでいるというご夫婦から聞いた話です。 そのご夫婦は、昔はよく多摩川の土手を散歩したり自転車でサイクリングしていたそうです。 その当時、サイクリングする時は道路を走り、散歩の場合は道路横の未舗装の草地部分を歩いていたとのことでした。 そのご夫婦だけでなく、ご近所さん達もそうのようにしていた方が多かったそうです。 つまり、舗装路は自転車が走るためのものという認識だったそうです。

その当時は自転車はマウンテンバイクが主流でロードバイクはほとんど見なかったそうです。 また、歩行者も少なくジョギングしている方はほとんどいなかったとか。 歩いている人のほとんどが生活道路として利用していた方々だそうです。

ご夫婦から聞いたこの話がいつの年代のことなのかはハッキリわかりません。 ですが、マウンテンバイクが多かったとのことですから1980年代か1990年代ではないかと思っています。

書籍で読んだ多摩川自転車の歩行者への開放の記事

自転車を始めてから読んだ書籍に書いてあった話です。 著者が誰で何というタイトルの書籍だったかは覚えていません。 その書籍の著者はかなり前から自転車に乗っており、多摩川自転車道の歩行者への開放についての経緯を書いていました。

その書籍によれば、多摩川自転車道は以前は自転車専用道路で、歩行者には公式には開放されていなかったそうです。 しかし歩行者にも開放して欲しいとの要望が多く寄せられ、結果として歩行者に開放されたそうです。 当時、自転車乗りからは歩行者への開放には反対という声が多く寄せられたとか。 理由はもちろん危ないからです。

この情報が正しいとすれば理不尽なことです。 もともと自転車専用道路だったところが、反対したにも関わらず歩行者に開放され、今は自転車が締め出されようとしているというのはどう考えても変です。

ただし、上記の経緯についてはネットでいくら調べても情報は見つかりませんでした。 多摩川自転車道が以前は自転車専用道路だったという情報はいくら探しても見当たらなかったのです。 ですのでその書籍に書かれていたことが正しいという証拠は全くありません。

ページの先頭へ
 
 

一般道路でのマナー

一般道路では以下のことに注意しましょう。

ライトを装備しましょう

ライトは道路交通法で定められていますので必ず装備しましょう。 また、予備の乾電池も忘れずに携行しておきましょう。

ベルを装備しましょう

ベルは道路交通法で定められていますので必ず装備しましょう。

歩行者の側を通るときは徐行しましょう

歩行者の側を通るときはすぐに止まれる速度で走りましょう。

ページの先頭へ
 
 

自転車歩行者専用道路でのマナー

自転車歩行者専用道路から自転車が締め出されるのは困ります。 マナーを守って歩行者とトラブルにならないように走りましょう。

自転車歩行者専用道路では以下のことにも注意しましょう。

夜間は20km/h以下で走行しましょう

多くの自転車道には照明がありあません。 夜間に走行する場合はライトを点灯し20km/h以下で走るよう心がけましょう。

後ろから自転車や歩行者を抜く場合は声をかけましょう

他の自転車や歩行者を後ろから抜く場合は、どちら側から抜くか声をかけてから抜きましょう。 例えば『右通りまーす』のように声をかけてから抜くのがいいでしょう。 もちろんいつでも止まれる速度に徐行しましょう。

ページの先頭へ
 
Google+ Road Racer Community
 
 
-
-
-
-