トップ > 走り出す前に >
走行マナー

マナーを守って立場向上

ここ最近、サイクリングコースでのでの自転車の立場が悪くなってきています。 理由は歩行者とのトラブルや事故が多くなっているためです。 自転車の走行を快く思っていない人々からは、自転車を締め出そうという声も上がっているようです。

ほぼすべてのサイクリングコースは、自転車歩行者専用道路であり、自転車専用道路ではありません。 自転車歩行者専用道路ということは、歩行者が優先ということです。

また、一般道路での自転車のマナーが問題になることも多くなってきています。 信号無視や無灯火、内側の車線の走行などが原因です。

これ以上自転車の立場が悪くならないようマナーを守っての走行を心がけましょう。

ページの先頭へ
 

例えば荒川サイクリングコースでは

ここでいう荒川サイクリングコースとは下流側の災害時緊急道路も含みます。 荒川では上江橋より上流はサイクリングコースなのですが、それより下流側は災害時緊急道路です。 しかし、走っている人のほとんどはサイクリングコースだと思っていますので、ここでは下流の災害時緊急道路も含めて扱っています。

2010年の4月に荒川河川敷運用ルールが定められました。 そのルールのうち自転車に関連する項目は以下です。

  1. 自転車はいつでも止まれるスピードで走行すること(目安として時速20km以下)

しかし、2014年の3月にはこのルールは改正されました。 改正後の新たなルールでは自転車に関連する項目は以下のように定められています。

  1. 自転車は徐行し、歩行者を優先しましょう
  2. 河川敷道路に自転車や荷物などを置かないようにしましょう

ロードバイクで快適に走れる場所がなくなるのは困ります。 上記ルールを守って走りましょう。

ページの先頭へ
 

一般道路でのマナー

一般道路では以下のことに注意しましょう。

ライトを装備しましょう

ライトは道路交通法で定められていますので必ず装備しましょう。 また、予備の乾電池も忘れずに携行しておきましょう。

ベルを装備しましょう

ベルは道路交通法で定められていますので必ず装備しましょう。

歩行者の側を通るときは徐行しましょう

歩行者の側を通るときはすぐに止まれる速度で走りましょう。

ページの先頭へ
 

自転車歩行者専用道路でのマナー

自転車歩行者専用道路から自転車が締め出されるのは困ります。 マナーを守って歩行者とトラブルにならないように走りましょう。

自転車歩行者専用道路では以下のことにも注意しましょう。

夜間は20km/h以下で走行しましょう

多くのサイクリングコースには照明がありあません。 夜間に走行する場合はライトを点灯し20km/h以下で走るよう心がけましょう。

後ろから自転車や歩行者を抜く場合は声をかけましょう

他の自転車や歩行者を後ろから抜く場合は、どちら側から抜くか声をかけてから抜きましょう。 例えば『右通りまーす』のように声をかけてから抜くのがいいでしょう。 もちろんいつでも止まれる速度に徐行しましょう。

ページの先頭へ
 
Google+ Road Racer Community
 
 
-
-
-
-