ペダル選び

トップ > 基礎知識 >
ペダルを選ぶ

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

ノーマルペダルにするかビンディングペダルにするか

ロードバイクは、乗車姿勢がキツく、変速操作にも慣れが必要です。 そのため、最初からビンディングペダルにしてしまうと、変速操作に加えてビンディングペダルの着脱にも気を使わなければならなくなります。

そのような状態では、余裕を持った走行はできません。 余裕がないと、危険な場面に遭遇した時にビンディングペダルの着脱ができない可能性もあります。 ですので、操作に慣れるまではノーマルペダルを使い、余裕ができたらビンディングペダルに変えるのがよいのではないかと思います。

ページの先頭へ
 
 

ビンディングペダルの規格や互換性について

ビンディングペダルは、複数のメーカからそれぞれ規格が異なるものが発売されています。 ここでは、ロードバイクでの使用に適した規格、さらに互換性についても紹介します。

 

ビンディングペダルの規格

ビンディングペダルには、オンロード用とオフロード用の規格があります。 なお、オンロード用とオフロード用にはそれぞれ特徴があります。

規格 メーカ 用途
SPD-SL SHIMANO オンロード用
SPD SHIMANO オフロード用
LOOK LOOK オンロード用
TIME TIME オンロード用

オンロード用のペダルは、踏み面が広くなっており、踏み込んだ時に足裏全体の力が加わるようになっています。 また、クリートが大きいため着脱感がしっかりしており、着脱時の爽快感はオフロード用よりも優れています。

一方、オフロード用のペダルは、荒れた路面でペダルが障害物に当たることのないようペダルが小さくコンパクトになっています。 そのため、踏み込んだ時に力が一点に集中し、シューズのソールがたわんで力が若干逃げてしまう感覚があります。

 

ロードバイクとマウンテンバイクのペダルの互換性

ロードバイクとマウンテンバイクは、ペダルの軸径が同じです。 そのため、オフロード用の規格であるSPDをロードバイクに取り付けることもできます。

オンロード用のペダルはクリートが飛び出していて歩行が非常に困難であるため、街乗りやサイクリング、ツーリングが目的である場合はSPDを選択するのも良いと思います。

ロードバイクにオフロード用のSPDを取り付けることは『変』なことではないので、レースがメインでないという人はぜひSPDを候補に入れることをおすすめします。 私も、所有する3台のロードバイクのうち2台はSPDを取り付けています。

 

シューズはペダルと同じ規格に対応したものを

なお、シューズは、ペダルの規格に対応したものを購入する必要があります。 ペダルをSPD-SLにするなら、SPD-SLのクリートを取り付けられるシューズを購入しなければなりません。

ページの先頭へ
 
Google+ Road Racer Community
 
 
-
-
-
-