ツアー・オブ・ジャパンの東京ステージのコース大井埠頭を走る

トップ > 記録 > 2004年 >
2004.01.04 大井埠頭 (ローディーの聖地)

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 
 

聖地をすっかり忘れている

今日は大井埠頭へ行ってみる。 東京のローディーとトライアスリートの聖地といえば大井埠頭だ。 平日や土曜日はトラックが多く走れたものではないが、日曜日は自転車天国になるとのこと。

多摩川を下り、六郷橋から第一京浜に入り環七を右折してしばらく走れば大井埠頭へと着くはずである。 ウェアはタイツと長袖ジャージ + ウィンドブレーカ、グローブは夏用と春/秋用である。



荒川の快適さにはかなわないが、景色の良さでは、ここ多摩川が上だろう。 『サイクリングならば荒川よりも多摩川だな』と思いつつ、多摩川をのーんびり下り、六郷橋を目指す。 多摩水道橋で右岸へ渡り神奈川県側へ、丸子橋で再び左岸の東京都側へ戻る。 左岸をそのまま下り、六郷橋の近くのファミマで休憩する。

休憩を終え、第一京浜を北上し、しばらく進んで、環七を右折する。 ここからは陸橋が多く、アップダウンの繰り返しとなる。 平和島を通過し、大井埠頭に到着した。

ページの先頭へ
 
 
 

大井埠頭は広くてわからない

大井埠頭は結構広い。 どこがTOJ(ツアーオブジャパン)のコースなのかさっぱり見当がつかない。 そこでそれらしい場所で停まって周囲を観察してみる。 すると、ローディーを発見、交差点に北東から進入し、左折して南東に向かっていく。 もうちょっと観察したが、数人のローディーが同じコースを走っている。

先輩ローディーの後ろについてコースを覚えることにする。 ちょうどトライアスリートがやって来たのでついていく。 このトライアスリート、ペダリングで腰が左右に大きく振れている。 トップレーサはよーく見ないとわからないくらい腰が左右に振れるらしいので、腰が全く動かないのは良くないらしいが、このくねくねトライアスリートは明らかにサドル高すぎでは? まあ、トライアスロンのバイクパートはロードレースとは異なる技術論があることだし、トライアスロンのことはさっぱりわからない筆者には何もいう資格はないが。



しばらく走ると右に折れ人の集まっている公園(みなとが丘ふ頭公園)の前へ出る。 公園で休憩しながら周囲を観察する。 1月4日ということもあってあまり人はいないのが残念だが、それでも5人ほどの人がいる。 走っている人も含めて10人ほどだろうか。

休憩を終え走り出すが、コースがわからないのでやっぱり人についていくことに。 公園の北東に面している道を北西に進み、陸橋には進まず脇の道に入ってUターンし、公園前まで戻る。 公園前の交差点をそのまま通過し、最初の十字路を左折し、突き当たりを右折し、次の突き当りも右折する。 そのまま走ると最初の交差点に出る。

なお、後日調べたところ、このとき走ったコースはTOJ(ツアーオブジャパン)のコースとはちょっと違うようである。

ページの先頭へ
 
 
 

感想

コースはほぼフラットで、アップダウンは橋のみである。 路面の舗装が荒れているのが気になるが、これはタイヤ空気圧を1000kPaにしていることも影響しているので次回は800kPaほどにして走ってみたい。

走っている人達のレベルは、今回は人が少なかったためなんとも言えない。

ページの先頭へ
 
 
 

Y'S BIKE GARAGE

多摩川大橋の側にY'B BIKE PARKの姉妹店であるY'S BIKE GARAGEがあるのでちょっと寄ってみる。 売り場面積は確かに広いし、他の店ではみたことのないパーツもある。 しかし、スペースの割には商品がちょっと少ない気がする。 なるしまのように詰め込んでもっと沢山商品を置いて欲しい。

ページの先頭へ
 
Google+ Road Racer Community
 
 
-
-
-
-